ロシア・旧ソ連地域を駆け回る日本車たち

自動車から見えてくる人々の暮らし

トヨタ マークⅡブリット 銀 in キルギス・チュイ

      2017/03/28

%e3%81%9a%e3%81%a1%ef%bd%92%ef%bd%90%ef%bc%93-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc %e3%81%9a%e3%81%a1%ef%bd%92%ef%bd%90%ef%bc%91-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc %e3%81%9a%e3%81%a1%ef%bd%92%ef%bd%90%ef%bc%92-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

トヨタ マークⅡブリット(Toyota Mark II Blit)

初代のモデルですね。
トヨタ別車種純正アルミホイールやスモークフィルムなどが装着されているようですが、日本輸出時から装着されているかは不明です。尚、タクシーとして使用されているようです。
また、助手席側クォーターガラスに日本の自動車保管場所証明(車庫証明)ステッカーが貼られていますので、間違いなく日本から輸出された車両ということが分かりますね。
こちらもテールゲートのナンバープレート開口部が日本やアメリカサイズ用となっているため、ナンバープレートの両端をまげて装着しています。
画像中にマツダ 626(カペラ)やVW4代目パサートヴァリアントなど、懐かしい車両も見受けられますね。

 - チュイ(Chuy Oblast)KGZ , , , , , , , , , , ,