ロシア・旧ソ連地域を駆け回る日本車たち

自動車から見えてくる人々の暮らし

ミツビシふそう ザ グレート ダンプ 灰/青 in ロシア・サハリン(樺太)

   

%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%97-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc %e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%97%ef%bc%92-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

三菱ふそう ザ・グレート ダンプ(Mitsubishi Fuso The Great Dump)

今日のスーパーグレートになる前のモデルですね。
エンブレム類はなぜか速度表示灯の上、フロントメッキバンパー、メッキミラーカバー、メッキグリルなど多数カスタムされていますが、日本輸出時から装着されているかは不明です。
尚、荷台アオリ部分に「札幌」の文字が確認できるため、間違いなく日本から輸出された車両ということが分かりますね。
また、画像中にトヨタ マークⅡや日産 テラノも見受けられます。

 - サハリン樺太(Sakhalinskaja oblast) , , , , , , , , , , , ,